はじめまして

私は、産業用特殊専用機を製作しているメーカーで機械設計部長をしています、管理人のタコーです。

何故にこのブログを立ち上げたかと言いますと、経験者なら分かると思いますがバリバリの機械設計者を一人前にしようと思いますと、約7年は掛かります。
バリバリの機械設計者と言うのは、活字(仕様書)を絵(図面)に出来る人を言います。
更にその上の域(お客さんの仕様書も作れてしまう)に到達するには更に数年掛かります。
更に更にその上の域(マネジメント)に到達するには、また更に数年掛かります。

凄く奥が深いのが機械設計ですが、この辺りは一般論で、その人のセンスにもよりますが大きく外れることはありません。

覚える事が沢山あるのが機械設計ですが、一度覚えてしまえば大きな技術革新が無い限り、10年先でも20年先でも飯が食っていけるのも機械設計です。

機械設計の業務内容にも幅がありますが、トレーサーからアレンジ設計、新規開発設計まで全て含めて、業界では機械設計と呼んでいます。

納期に追われながら万年人手不足の業界ですので、人材を育てないとマジで寝る暇もなくなります。

そんな中、機械の知識も何も無く、図面も読めない事務の女性に、ひょんな事から機械設計を教える事になり、1ヶ月でCADまで使える様に育てたのです。

同じ業界で仕事をしている技術者の中には、私以上に教え方の上手い方もみえると思いますが、逆に教えるのが苦手でスタッフ不足により朝方までCADに向かって図面を書いている人もいるかと思います。

まったくの初心者に教えるのは、少しばかりノウハウが必要です。

私の実体験を公開することにより、少しでも参考になれば・・・との思いと、機械設計へ興味のある方、または就職や転職を考えてみえる方の自分でも出来るんだ!との意志を持っていただければと気持ちでこのブログを立ち上げることにしました。

どうぞ宜しく!です。
スポンサードリンク
タグ:設計 教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。