CADが無くても設計は可能!?

CADとは、 Computer Aided Designの略称で、コンピュータを用いて設計するツールソフトですので、設計の効率化や正確さ、設計途中の面積計算や重心計算などが出来るのが特徴です。そんな中でも一番の特徴は図形データのコピーです。

こんな便利なツールですが、この仕事をされた事がない方は私が知る限りCADを覚えると設計が出来ると思っている人が多いですが、それは間違いです!

なぜならCADは本当に便利で私もCAD無しでは設計したくありません。
がしかし、CADが一般に復旧し始めて、まだ20年たらずで、先人の方はドラフターにて設計をしていました。私も設計のかじり始めはドラフターからです。

ですので、設計は別にCADが無くても出来るのですが、ドタフターを使って手書きで書くと、恐ろしく時間が掛かりますので今の時代はCADを使うのです。ちなみに一番速い作図法はフリーハンドです。

★教育者の方へ★
CADの特徴を教えてあげて下さい。
またCADがなくても設計はできる!ということを。ただ、めちゃめちゃめんどくさく手間隙が掛かる事も合せて教えてあげると良いと思います。


★後書き★
今現在、CADソフトの種類が何種類世の中に存在するのか、正直私には不明です。知っている限りでは40種類以上はあります。操作性もそのCAD毎に違いますし、価格も違いますので、どのソフトがベストかは分かりませんが、今現在、この業界で使われているCADは、オートデスク社のAutoCADが多い様です。ファイル形式がDWG(変換(中間)ファイルが」DXF)です。
管理人タコーの会社は、Autodesk Mechanical Desktop 2006を使ってます。毎年の様にバージョンが上がります。今は2008が最新ですが・・・




スポンサードリンク
タグ:教育 設計 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。