表面粗さ(三角記号)を教える

表面粗さとは2005年までの呼び方で、今はISO規格として改定されて表面粗さやうねりをまとめて表面性状と呼ぶらしいが、浸透していないのか、私の周りでは表面粗さとか三角マークとか平気で使っているし、管理人タコーも使ってます(笑)

それはさておいて、金属加工をしたことの無い未経験者に表面粗度とか言っても分からないので、前提として『金属は磨けば磨くほど輝きを放つ』ことを覚えてもらった。ただし、磨くには時間が掛かり、時間が掛かる⇒コストUPにつながる。全部の部品を磨けばピッカピカの装置ができるが、装飾品ではないので、磨かなくても機能に影響が無いところは磨かないこともある。と付け加えた。

機械設計をしていると、滑らかな面が必要な箇所や逆にザラザラにしたい箇所が出てきたり、見えないし機能、性能に影響がないからどうでもよいところがでてくるので、それを加工者に伝える為に、記号があります。

三角記号で言えば、
・〜(波目) 寸法に差し支えない荒仕上げ面
・▽     経済的な機械加工面
・▽▽    良好な機械加工面
・▽▽▽   滑らかな仕上げ面
・▽▽▽▽  精密仕上げ面
の5種類だったが、今は先に書いたISO規格もありRa(算術平均粗さ)で表わす様になった。これは、三角記号では5種類しかないために三角記号の中にも範囲があり非常に曖昧な部分があったので、この曖昧差をなくして測定した数値で表わす形になっています。

Ra粗さの区分で言えば、
・Ra100    〜(波目)に該当 
・Ra50
−−−−−−−−−−−
・Ra25     ▽に該当
・Ra12.5
−−−−−−−−−−−
・Ra6.3    ▽▽に該当
・Ra3.2
−−−−−−−−−−−
・Ra1.6    ▽▽▽に該当
・Ra0.8
・Ra0.4
−−−−−−−−−−−
・Ra0.2    ▽▽▽▽に該当
・Ra0.1
・Ra0.05
・Ra0.025
・Ra0.013
と詳細に分かれたのです。
(当然小数点が付いて細かくなるほど、コストが高くなります。)

三角記号でなれている人には、切り替えが非常にうっとうしく思うはずですね。管理人タコーの会社はお客様から指示が無ければ、三角記号にて表記しています。何故なら、その方が描くのが速いから〜です。

★教育者の方へ★
重要な部分ではありますが、表面性状を細かく何も無しで教えるのは大変です。加工部品で性状が分かる物があればそれを用意して教えてあげるのが良いと思います。この辺は実践を積み重ねて覚えてもらうしかありません。検図時に記入忘れなどをチェックしましょう。

スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56148971

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。