図形を教える4(投影図)

このあたりからは、図形や図面になれてもらう必要が出てきます。

具体的には正面図、側面図や平面図だと説明しながら、実践しながら、説明しながらになってきます。

初心者でも理解できる図形は、投影図です。

投影図(投影法)とは、平らな壁の前に物を置いて、物の後から壁に対して垂直な平行な光を当てると、その壁面に物の影(画像)が出来ます。

物の形や大きさが分かります。(影絵みたいな感じです)

投影法はこの原理を応用した画法なのです。

次のような種類(方式)があります。

1)正投影法
  製図上では、一番多く使われている。
  正面図を書いて、その図形から右斜め45°の角度で表わします。
  この斜めの線は実際の長さの半分になります。

2)等各投影法
  この図形も良く目にします。
  30°の角度をもって投影される画法です。

3)不等角投影法
4)斜投影法
5)透視投影法

種類は他にもありますが、機械設計で使用するのは、1)と2)ですので、それ以外は、覚えなくて良いと思います。

45°と30°が、あるんだぁ〜レベルでOKでしょう(笑)

そこで、mondai_2.pdfを実施してみて下さい。
(不足している線・図を書いてみて下さい。)

@〜Eまでの右上に書いてある投影図が、等各投影法(30°)で書かれた図形です。

分からないといけませんので、@に角度を書き足しました。


★教育者の方へ★

番号が大きくなるにつれて、難しくなっていきます。
12を見た時には、頭を悩ませました(笑)
頭を軟らかくして考えないと、答えは見えてきません。なんちゃってわーい(嬉しい顔)

スポンサードリンク
この記事へのコメント
 日本の歴史を操ろうとする摂家というやつは、お前か?この国のベースは明治維新で確立しており、天皇と国民の信頼関係が軸となる。いまさら摂家が毒説を歴史学で発散させているのは将に日本解体勢力に組したからであろう。
Posted by 官僚の立ち位置 at 2012年08月27日 20:20
 では敵は内にありですね。塩野さんの「ローマ人の物語」は将にいろんな示唆に富んでいる。古事記をちゃんと読め。
Posted by 語部の生き残り at 2012年10月11日 00:33
初めまして!
記事ですが読ませていただきました。私は二ヶ月前から機械設計を始めたばかりだったので大変勉強になりもうコメントは見ていないかなぁと思いましたがコメント書いちゃいました。
Posted by りさ at 2013年07月10日 11:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67643639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。